未分類

受動喫煙症の診断書は根拠にならない、と彼は言った

梅田なつき氏はTwitterで「受動喫煙症の診断書なんか、根拠にはなりません」と言いました。これに触発されて、受動喫煙症診断書の「根拠」について考えてみようというお話です。
未分類

受動喫煙症診断が「政策目的」ってどういう意味なのか

横浜副流煙裁判・一審判決で認定された、日本禁煙学会理事長作田学医師の「医師法20条違反」。そして「政策目的」の受動喫煙症診断。これは「医療」の信頼を揺るがす、大きな社会問題だ、というお話です。
未分類

横浜副流煙裁判の、その先へ

作田学医師は何故、医師法20条違反となる危険を冒してまでA娘の診断書を発行したのか? 僕が横浜副流煙裁判を重要だと考えているのは、この問いの先にある問題なのです。
未分類

横浜副流煙裁判・控訴審判決文を読んでみる

10月29日、横浜副流煙裁判・控訴審の判決が、ついに出ました。控訴審判決書は一審判決よりシンプルに見えますが、これは一審判決を支持し、これを補強するものだと読むことが出来ます。
未分類

横浜副流煙裁判・控訴審判決文の目次

横浜副流煙裁判の控訴審判決が、10月29日に出されました。黒薮哲哉氏の記事に、この判決文が掲載されています。ぜひ読んでいただきたいものなので、読解の助けになればと「目次」を作ってみました。
未分類

日本禁煙学会のダンマツマ

公判一回で即結審された、横浜副流煙裁判・控訴審。ここでも日本禁煙学会は多くの意見書や資料を提出して、控訴人を支援(或いは会の汚名返上)していたのですが、これ実際に読んでみると…。
未分類

横浜副流煙裁判から名古屋ベランダ喫煙裁判を見直す

ベランダでの喫煙が不法行為とされた、などと評判の名古屋ベランダ喫煙裁判ですが、原告の勝訴に終わったとは言えません。請求150万円に対し、判決はたった5万円。また訴訟費用については、9割が原告の負担とされているのです。
未分類

30年ピークと年令調整死亡率の合わせ技

30年ピークと年令調整死亡率を使えば、喫煙率の減少が肺がん死亡の減少につながるんだと説明できる、ってホントかな? と考えてみました。
未分類

横浜副流煙裁判のビギナーズ・ガイド

「横浜副流煙裁判」その名は知っているけれど、SNSでいろんな問題がゴチャゴチャ議論されてて、よく分からない……という方に読んでもらうべく書いた記事です。
未分類

FCTC日本語訳

FCTC=たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の(外務省による)日本語訳。これがとにかく読みづらい。そこでこの全文を横書きにしてみました。それだけの記事です。
タイトルとURLをコピーしました